イソフラボンとバストの関係

現在、バストアップに効果があると、注目を集めている成分が、イソフラボンです。
大豆等に含まれている事で有名な成分で、活性酸素の働きを抑制する抗酸化作用を持つ成分としても知られています。
この成分は、抗酸化作用の他に、女性ホルモンのひとつ、エストロゲンに似た働きをする事でも、高い注目を集めています。
女性ホルモンは、排卵や月経の周期に合わせて分泌されるホルモンで、妊娠をする為の準備をする為に欠かせないものです。
この女性ホルモンの作用の中に、女性らしい体つきを作るという働きがあり、それがバストアップに繋がると、現在、胸が大きくなりたいと考える人から高い注目を集めています。
ただ、その効果には個人差があります。
摂取をする事で効果を感じたという人もいれば、1年近く摂取をし続けても変化がないという人も少なくありません。
更に、女性ホルモンが持つ女性らしい体つきを作るという働きは、胸が大きいというだけでなく、全体的にふくよかな体つきを作るというものです。
ですから、摂取をする事で、胸が大きくなった実感があっても、それと同時に、太ってしまったという人も珍しくありません。
現在、イソフラボンは、胸を大きくする働きを持つ女性ホルモンに似た働きをする事で、バストアップにも効果があると高い注目を集めています。
摂取をする事で、胸を大きくする効果を感じる人もいますが、効果には個人差がある事、摂取により太る可能性もある事を意識しておく事も大切です。

豆乳で本当にバストアップできる??

バストアップを効果的にするためには女性ホルモンの働きを高めることも大切です。
女性ホルモンは女性らしい体の丸みを作るのに役立ってくれるものです。食品にも女性ホルモンに似た働きをするものもありますので、上手に取り入れていきましょう。

バストアップに良いとされる食品の中でも大豆食品は特に有名です。大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることで知られており、豆乳は飲むだけですので、特に取り入れやすいと言えます。
豆乳にもフルーツ味がついたもの、調整タイプ、無調整など様々なタイプがありますが、バストアップ目的で利用するのであればイソフラボンの含有が多い無調整タイプが向いていると言えます。

そのまま飲むことはもちろん、デザートや料理にも合いますので、普段の調理に役立てるのも良いでしょう。
豆乳はバストアップだけではなく、美容や健康にも良い成分を含んでいますので、積極的に取り入れていきたいですが、早く結果を出したいからと過剰に摂取することは控えましょう。
安全性の高い食品ですが、イソフラボンを過剰摂取すると生理の周期が乱れるなどの体調の変化が起こる場合もありますので、適量を摂取しましょう。

そして飲んですぐに効果が出るというわけではありませんので、根気よく続けていくことが大切です。
バストアップエクササイズやマッサージも合わせて行っていくとさらに良い効果が期待できますので、こうした努力も続けていきたいところです。

バストアップマッサージとは?

豊かなバストはいつの時代も女性らしさの象徴と考えられて来ました。ハリのあるバストはドレスや胸元の開いた服などを美しく着こなすためには必要不可欠なものです。簡単に実践できるケアでバストアップ出来る方法を紹介します。
バストアップマッサージは胸を大きくきれいに育てるためにはとても手軽で効果的な方法です。乳腺を刺激し、バストにボリュームとハリをもたらします。バスト周辺にある経路やリンパを刺激することで不眠やむくみを改善し、婦人科系の疾患にも効果があるほか、アンチエイジングにも役立ちます。
バストアップマッサージをする時にはわきの下にある腋窩リンパ節の周辺や、バストを支えている大胸筋を刺激することを意識して行うのが効果的です。具体的には、バストと腕の付け根あたりにあるリンパの集中している部分を拳の先を使ってぐりぐりと痛くない程度に押し込むようにしてみましょう。リンパを流し内部にとどまった老廃物を取り除きます。そして手のひら全体でバストを優しく包み込むようにしてさすり、血行を促すことによってバストに正常な血流を取り戻し健康的でハリのあるバストへと導きます。その後、バストの周囲を両手で円を描くように10回転ほど撫で、乳腺を刺激して女性ホルモンの分泌を促せば更にバストアップにつながります。
バストアップマッサージは自分の手さえあればいつでもどこでも出来るとても手軽な美容法です。自分の体に優しく触れることで変化をつぶさに感じ取ることが出来るほか、自分の体を愛することにもつながります。バストアップして若返った自分をもっと好きになり、自信が持てるようになれそうですね。